年齢を重ねると、やはり「家」に関して悩みが出てくる人も多いと聞きます。

多くの人が持っている一戸建て。子供を育てるのに、一戸建てはとてもいいものです。二階建てだと部屋をたくさん作れるので、子供が一人ずつ個室を持つことだって可能ですよね。

でも、これがお年寄りになると「住みにくい」ということになってしまうので困りものです。

年齢を重ねると膝が痛くなったり、腰が曲がったりというトラブルが起きてしまいがち。そうなると、階段を上り下りするという動作が難しくなってしまうので、若いころ建てた家では住みにくいということになってしまうのです。

かといって、掃除をしなければ上の階はどんどん汚れて行ってしまいますから、放置をするわけにもいきませんよね。そこで、年齢を重ねてからリフォームをする人もいますが、そうなるとお金がかかります。「理想通りの物件を手に入れる」というのは、なんと難しいことか。この事例をみても、そう思わずにはいられません。

 

○マンションも人気です

マンションは資産になりにくいと言われ、「買うなら一戸建て」と長く言われてきましたが、最近はそうでもありません。

むしろ、段差がすくなくエレベーターもついているマンションだと「生活がしやすい」ということで人気があるのです。

今は、一階にコンビニが入っているなど、生活面に配慮しているマンションも増えました。

ただ、一戸建てに慣れている人だとマンションは狭く感じるでしょうし、快適とは言えないかもしれません。

一戸建てとマンション、どちらを買うかはその人次第ですが、やはり「きちんと先のことまで考えて買う」ということが何より大事になるでしょうね。

 

○老後のことまで考えての購入

家を新築したとしても、ローンを払って終わりではありません。

家が傷んで来れば修繕が必要ですし、給湯器が壊れたら取り換えなければならないなど、お金がかかってきます。

そういうことまで考えて建てないと、あとから「生活しにくい」ということになってしまいます。

老後にリフォームを考えている場合は、リフォームにかかるお金も貯蓄しておかなければならないなど、予想できることに対しては対策をしておかなければなりません。

こういった点を最初から考えることができるのか、そうじゃないのか。

それによって人生設計が大きく違ってきますので、きちんと考えて対応をしておくことが必要です。

老後を意識して生活をすることは、何よりも大切なことになるのではないでしょうか。