サイクリングの良さ

サイクリングは太腿周りや股関節を鍛え、鍛えづらいとされているインナーマッスルを腸腰筋をも鍛えます。
またサドルに座りペダルを漕ぐためおしりの裏側の筋肉の強化にも役立ち、足全体を鍛えることに繋がります。

また自転車は自動でバランスを取ることはできません。
自力でペダルを漕ぎ、体重移動やハンドル操作でバランスを取るため、高齢者のケガに多い転倒による骨折を防ぐのに役立ちます。
高齢者は躓いて転倒し骨折することが多いのですが、これは足の筋肉の衰えにより、小さな段差に躓いたりバランスを崩して倒れることによるもので、その両方を鍛えるサイクリングは高齢者にとっては非常に良いものだとされています。

サイクリングは高齢者だけではなく中年時にも活用されるべきものです。
足の衰えは運動不足になりがちな中年時から始まっていますし、なにより外に出かけ気分転換にもなりますのでストレスの解消にも役立てることができます。

気をつける点

良い点ばかりが目に付くサイクリングですが、悪い点もいくつかあります。
昔に比べ自転車は進化を遂げていますが、最新の電動自転車ですら自動制御はついていません。
つまり自力ですべてをこなさなくてはいけません。
最新の自動車には衝突回避のための自動ブレーキや駐車の操作をアシストしてくれる自動車庫入れ機能など、安全や走行に対してのサポートシステムが付いていますが、自転車にはそれがありません。

坂道のさい力があまりいらない電動自転車でも最初の踏み込みは自力で行わなくてはいけません。
またバランスも自分で行い、それを怠ると転倒します。
最低限の力とバランス感覚、それに自転車に乗れないことにはサイクリングはできないのです。

また以前自転車に乗れていた人でも、昔の感覚のまま乗るのは危険です。
筋力や反射神経の衰えもありますが、それ以上に変わっているのは環境です。
交通量は増え、自転車自体の性能も格段に上がっているものもあります。

昔はロードタイプでスーツを着て乗っている人は競輪選手や競技者くらいでした。
ですが現在では安全のために自主的にヘルメットをかぶる人は増え専用のウェアも登場しています。
明るいウェアはファッションもありますが、それ以上に安全に考慮しているのです。

自転車人口の増加に伴い無謀な運転をする人が増え、それに伴い自転車に対するルールも変化をみせています。
自転車は車両として扱われ、車道を通行しなくてはいけません。
交通量の多い道路ですと、大変危険です。

そのため安全には常に考慮しなくてはいけません。
なるべくでしたら交通量の少ない道路、もしくは自転車専用道路でのサイクリングをお勧めします。

漕ぎ方で変わること

またサイクリングに適したロードバイクは高齢者には辛いポジションであることもあります。
楽なポジションを選ぶ必要があるのですが、シートの高さやペダルへの足つき、漕ぎ方により鍛えられる筋肉の場所も変化します。
そのため、どこが疲れるのかなど自分で判断する必要もあります。