●馬鹿に出来ない「ゲーム」の力
ゲームは子供から大人まで楽しむことができる楽しいものですが、いまだに「ゲームは子供がやるもので大人が楽しむものではない」という風潮も根強いです。
最近の流行は3DSですが、この3DSも「大人がやる」という印象はあまりないようで、「子供向け」という人が多いですよね。実際には大人もやっていますし、大人がやっても楽しい要素が満載ですが…。
このゲームですが、実は「長生きに効果がある」という意見もあるのだとか。
NAVERまとめ TEDゲームをして10年長生きできるって本当?

↑によると、子供たちとテレビゲームなどを楽しんでいる親は、生活の中でも家族同士が仲良く過ごし、互いに信頼し合っている様子があるそうです。
これはなんとなく解るような気がしますよね。
テレビゲームは良くないと思いがちな大人ですが、子供たちはテレビゲームが大好き。
だったらむやみに反対するのではなく、大人と一緒に楽しんで「ツール」として役立てると子供との会話も増えるのかもしれません。
言われてみれば、最近大流行している「妖怪ウォッチ」。
アニメもゲームもかなりのヒットで子供向けアニメの歴史をかえるとも言われていますが、この「妖怪ウォッチ」を作ったレベルファイブの社長は「親と子で一緒に盛り上がれる、一緒に話がたくさんできるツールとして利用してほしい」と発言しています。
だからでしょうが、妖怪ウォッチのアニメは親世代のパロディを取り入れ、ゲームでは親子で協力して妖怪を倒すことができる「バスターズ」を取り入れています。バスターズは友達同士でやることも可能ですが、レベルファイブのCMでは「親子で遊べる」として紹介されていましたね。
このようなゲームのメリットもありますので、皆さんもゲームで遊んでみませんか?

●ゲームのメリット、実はけっこうたくさんある
ゲームのメリットですが、確かに「眼が悪くなる」というデメリットもありますが、メリットもたくさんあります。何よりストレス解消になりますし、ゲームによっては「別の世界に飛び込んだかのような感覚」を得ることができ、これをメリットと考える人もいるようです。
もちろん、「ゲーム依存」なんて言葉があるくらいですからあまり夢中になりすぎるのもこまりものですが、趣味程度に楽しむのであればなんの問題もなさそうですね。
特に、親子で楽しむという方法は絆を深めることにも繫がりますので、親子で一緒に楽しんでみるといいかもしれません。ゲームと言う共通点が生まれることで、いろいろなことが違ってくるでしょう。


Comments are closed